×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

たかがいびきと侮るなかれ!

ただのいびきと思っていると、実は、治療が必要な病気が隠れていることがあります

とても危険な睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠を取っていても日中体がだるい

いびきでも気をつけなければいけないものが、睡眠時無呼吸症候群です。これは睡眠中に呼吸をしていないということになる、とても危険なものです。

よくある症状としては、睡眠時間は多いのに、日中体がだるいというものです。睡眠を取っていても、呼吸をしていない時間がありますから、体の疲れは取れていません。

怖いのは、交通事故を起こす危険性がとても高いということです。集中力がなく、体も重くなっています。毎日運転するという人は早く治療をして、いびきを止めることが重要です。

熟睡できていませんから、夜中トイレに起きる回数が増えます。それに内臓にも負担がかかり、病気を引き起こす可能性が高くなってしまいます。

無呼吸という名のとおり、呼吸が寝ている時に止まっています。そして空気を一度に吐き出すために、いびきとなって聞こえてくるのです。

音もとても大きくなります。通常のいびきとは異なります。脳に空気が入っていきませんから、脳梗塞や脳卒中が心配です。血中酸素の数値も高くなります。血液関係の病気にはくれぐれも気をつけるようにしましょう。

耳鼻科で診てもらうほか、呼吸器内科や循環器などで診察を受けることができます。治療をしておかないと、そのうち病気になるということを忘れないでおきましょう。

[PR]ゴールドカード簡単ダイエット 方法